伊勢神宮と3種の神器

伊勢神宮は、通称「内宮」と呼ばれる皇大神宮と、通称「外宮」の豊受大神宮の二つを中心として成り立っています。

 

その内宮の御祭神は、天皇家の御祖神である天照大御神です。またその御神体は、三種の神器のひとつ、「八咫鏡(やたのかがみ)」といわれています。

 

さて、そもそも「三種の神器」とは何なのでしょうか。そして、なぜ「三種の神器」のひとつが、伊勢神宮へ祀られることとなったのでしょうか。

 

三種の神器とは

 

三種の神器というのは、皇位の証として歴代の天皇が受け継いできたという3つの宝物のことです。

その3つとは、八咫鏡天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のことをいいます。

 

八咫鏡について

 

現在、その本体が伊勢神宮の内宮にお祀りされている、八咫鏡です。

 

この鏡の由来は、有名な神話「岩戸隠れ」にあります。

岩戸に籠ってしまった天照大御神に、どうにか出てきてもらうため、イシコリドメが作ったのが八咫鏡といわれています。

その後、神話によると、天孫降臨する瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)対して、天照大御神が授けたといいます。

 

天叢雲剣について 

 

天叢雲剣は、草薙剣ともいいます。
八咫鏡が伊勢神宮にあるように、こちらの草薙剣も現在、熱田神宮に御神体として奉斎されています。

 

こちらの剣にも、有名な神話があります。須佐之男命(すさのおのみこと)ヤマタノオロチという八つの頭を持つ巨大な蛇を倒した際、その尾から出てきた刀が草薙剣と伝えられています。

 

八尺瓊曲玉(やさかにのまがたま)

 

八尺瓊曲玉は、八「坂」瓊曲玉とも表記されることがあります。

八尺の緒につないだまが玉です。この八尺瓊曲玉ですが、その由来は三種の神器最大の謎といわれています。

 

三種の神器には、まだまだ多くの謎が眠っています。そのため、今もなお、たくさんの人々の興味を引き付けています。

 

八咫鏡と伊勢神宮

 

ではなぜ、三種の神器の一つ、八咫鏡が伊勢神宮へ祀られることとなったのでしょうか。

 

「この鏡を私と思って祀りなさい」

 

再び、神話の世界に戻りましょう。瓊瓊杵尊が天照大御神の命を受け、高天原から日向国の高千穂に降臨したという「天孫降臨」という話があります。

 

天照大御神は、瓊瓊杵尊に八咫鏡を手渡します。

その際、「この鏡を私と思って祀りなさい」との神勅を下したといわれています。

以来、八咫鏡は天皇を守護するものとして、宮中に同床共殿(どうしょうきょうでん)されるようになったといいます。

 

伊勢鎮座 八咫鏡は祟る?

 

先ほども書きましたが、八咫鏡は元々、宮中で祀られていました。それが天照大御神の命じた形であるといえます。

 

しかし、第10第崇神天皇の頃、疫病が蔓延し、国民の半分近くが亡くなるという国難に直面しました。

それは八咫鏡の祟りだと考えられ、神威を畏れた天皇は、八咫鏡を皇女・豊鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)に託しました。

託された皇女は、鏡を倭笠縫邑(やまとのかさぬいのむら)に遷すと、国内は平穏になったといわれています。

 

さらに、第11代垂仁天皇の頃には、八咫鏡により良い地を探すことになります。そこで鏡を託された皇女・倭姫命は各地を巡り、伊勢国にたどり着きます。

 

天照大御神が倭姫命に「この国にとどまりたい」と教え、五十鈴川の畔に祠(やしろ)を建てたのが、伊勢神宮の内宮の始まりと伝えられています。

 

式年遷宮と八咫鏡

 

こうして宮中から遷された八咫鏡は、天照大御神の御神体として、伊勢神宮にお祀りされることとなりました。御神体とは、神霊が宿るものをいいます。

 

伊勢神宮では20年に一度、社殿や神宝を新しくし、神様に新しい宮にお引越しいただく「式年遷宮」が行われています。これは33のお祭りをと行事を重ねて行われます。その中でも、最も大切な儀式とされているのが「遷御の儀」です。

 

遷御の儀とは、神職たちが御神体の神鏡を奉戴し、新宮へと渡御する儀式です。この儀式は、2000年前に天照大御神が伊勢の地に鎮座されたことを、再現しているといわれています。

 

 

関連ページ「伊勢神宮の内宮(皇大神宮)
     「伊勢神宮の外宮(豊受大神宮)
     「伊勢神宮のトップは「宮司?」誰がなれるの?役目・役職は?謎に迫る!
     「伊勢神宮と天皇
     「伊勢神宮と勾玉の関係とは?入手できるお守りもご紹介
     「神社の都伊勢神宮の御本殿