古来から道の安全を司る宗像大社で交通安全を祈願しよう

宗像大社は古来より道の神様として崇められてきました。

東アジアとの交流の歴史から、道を守ることは富をもたらすと考えられてきたそうです。そして現在でも、宗像大社は交通安全の神様として有名です。

自動車専用のお守りは宗像大社が最初

今や全国の神社で“交通安全のお守り”を手に入れることができますよね。ですが日本で初めて自動車専用のお守りを作ったのは、なんと宗像大社だったそうです。

宗像大社の御祭神である宗像三女神は、日本書紀の中でも「道主貴(みちぬしのむち)」と記されている通り、道を司る最高の神様なのです。ということで宗像大社の交通安全守りは、とてもご利益がありそうですね!

宗像大社では車・バイクお祓いをしてくれることで有名

予約と受付時間

宗像大社の辺津宮では、車のお祓いをしてくれることでも有名です。個人であれば予約は不要で、9時から17時の間に受付を済ませます。ただし、会社や団体でお祓いを受けられる予定のある方は予約が必要となります。宗像大社の社務所までお問い合わせください。

宗像大社公式HPの別のページには8時頃から18時頃の間であればいつでも申し込みが可能という表記もありましたので、必ずしもその時間内でなくとも良さそうです。しかし、「頃」とは微妙な表現ですね・・・。

停車場所は第一駐車場

お祓いをしてもらう車は祈願殿の近く、第一駐車場に停めます。中でも黄色い線で囲まれた場所があるのですが、基本的にこちらが停車場所と思っていいそうです。そちらが空いておらず、他の場所に駐車していてもお祓いはしてもらえるそうです。

受付場所と初穂料

お祓いの受付は祈願殿で行います。また初穂料ですが、個人の方ですと二輪車3,000円・普通車5,000円・大型車6,000円を納める必要があります。また、会社や団体の方は10,000円からとなっています。初穂料は、しっかりとのし袋に入れてお渡ししたいですね。

所要時間

祈願殿で祈願を行った後、駐車場で車祓いをしてもらえます。すべての行程の所要時間は約30分ほどです。

お祓いは雨の日でもいいの?

ネットなどを見ていると、お祓いを受ける日の天気を気にされている方も多いようです。確かに晴れの日にお祓いを受けた方が、すがすがしい気持ちになるかもしれません。さらには雨の日は神社への参拝自体を避けている、といった方もいらっしゃるようです。

これには色んな考え方があると思います。逆に雨には清める力があるとして、雨の日を狙って参拝される方もいるくらいです。絶対的な決まりはありません。どうしても気になる方以外は、ご自身の都合の良い日や時間帯を素直に選ばれてみてはいかがでしょうか。

宗像大社へのアクセス

  • 宗像大社辺津宮

住所:福岡県宗像市田島2331

電話番号:0940-62-1311

九州自動車道若宮インターから約20分もしくは古賀インターから約25分となります。なお、駐車料金は無料です。

車で行きたい宗像大社周辺スポット

せっかく車で宗像大社へ行かれるならば、あわせて訪れたい周辺スポット情報についてご紹介します。

新原・奴山古墳群

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産に登録されました。新原・奴山(しんばる・ぬやま)古墳群もその一つです。沖ノ島の祭祀を司り、ヤマト政権の海の交易を担った宗像氏が築いた古墳群です。5世紀から6世紀にかけて作られた古墳の数は、40基を超えます。

現在古墳群がある場所には、かつてすぐ近くにまで海岸線が迫っていたそうです。「海の民」と呼ばれた宗像氏の名にふさわしく、その場所からは海や大島、そして沖ノ島などを一望できます。初めての方は、観光協会のボランティアの方と歩かれてみてはいかがでしょうか。

  • 新原・奴山古墳群

住所:福岡県福津市奴山679 ほか

電話番号:0940-42-9988

展望所駐車場(昭和学園前):27台

  • ふくつ観光協会

電話番号:0940-42-9988

※ガイドの申込については、HPをご覧ください。希望日より7日前までの申込が必要になるようです。

唐津街道 赤間宿

唐津街道の赤間宿は、かつて街道一の賑わいを見せていた宿場町だそうです。商店が立ち並び、福岡藩の別邸や役所なども置かれていました。幕末の頃には西郷隆盛をはじめ、志士たちが行き来したとも言われていますよ。

現在でも当時を偲ばせるような建物が立ち並び、インスタ映えしそうな風情のある街並みとなっています。さらにこちらの界隈には、小説『海賊と呼ばれた男』のモデルにもなった出光興産の創業者・出光佐三の生家もあります。興味のある方は、ぜひ寄られてみてくださいね。

最後に

ということで今回は、宗像大社での車・バイクのお祓いと周辺の観光情報についてご紹介しました。

宗像大社では交通安全の他にも、もちろん厄除けや初宮詣など様々な祈願を受け付けてもらえます。霊感の強い方からは、宗像大社には行くだけでも除霊効果あるとも言われているそうです。そう言われても、何も感じない私にはわかりませんが・・・。

ただ、人生のターニングポイントや厄年を迎えた方などは、気持ちを切り替えるために祈願やお祓いを受けてみるのも良いかもしれません。という私は来年、大厄を迎えます。厄年祓に行かないと!

【参考】

  • 宗像大社HP「よくあるご質問」

http://www.munakata-taisha.or.jp/html/qa.html

  • 宗像大社「ご祈願について」

http://www.munakata-taisha.or.jp/html/kigan.html

  • 福津市「世界遺産 新原・奴山古墳群」

http://www.city.fukutsu.lg.jp/kankou/shizen/sekaiisan.php

  • 『まるっと宗像・福津』文榮出版社
  • ふくつ観光協会「ボランティアガイド」

http://fukutsukankou.com/guide/

  • 宗像観光ガイド「唐津街道 赤間宿」

http://www.muna-tabi.jp/k006/070/020/010/20150204162200.html

  • 個人ブログ「宗像大社で交通安全のお祓いレポート」←停車場所・祈願の様子・所要時間の参考

http://mulanmagnolia.net/1796.html

  • 個人ブログ「交通安全祈願 (新車お祓い)」←停車場所の参考

http://blog.murablo.jp/tacchann/kiji/252517.html

  • 個人ブログ「交通安全の神様 「宗像大社」」←所要時間の参考

http://blog.murablo.jp/tacchann/kiji/286030.html

  • Twitter←除霊の参考

https://twitter.com/tomoko_reisi/status/502409671869599744

  • 個人ブログ「レガシィのお祓いに宗像大社へ」←お祓いの行程の参考

https://plaza.rakuten.co.jp/mayohei/diary/200901170000/

  • 個人ブログ「福岡の世界遺産紹介③:新原奴山古墳群(福津市)の場所・駐車場情報まとめ」

http://rikumalog.com/trip/worldheritage-shinbarunuyama.html