伊勢神宮参拝のおすすめ観光ルート

今回ご紹介するのは、はじめて伊勢神宮に行く方向けにおススメしたい、1泊2日観光ルートです。

実際に、私が伊勢へはじめて行ったときのルートです。伊勢へ行かれる際には、参考にしてみてください。

 

1日目】

今回ご紹介するモデルコースの最大の特徴は、初日からメインである外宮・内宮を外しているということです。

その理由は、【2日目】の冒頭でご説明します。

 

猿田彦神社・佐留女神社

 

猿田彦神社は、内宮近くにある神社です。

御祭神は猿田彦大神で、「みちひらき」の神様といわれています。

神話「天孫降臨」の中で、地上へ降りたニニギノミコトの案内役を務めたことから、そう言われるようになったそうです。

 

また、猿田彦神社の敷地内には、「佐留女神社(さるめじんじゃ)」という神社があります。

アメノウズメノミコトをお祀りしています。

アメノウズメノミコトといえば、神話「天岩戸」の中で、神楽を舞った女神として知られています。

そのため、芸能の神様として有名です。

 

なぜアメノウズメノミコトをお祀りする神社が、猿田彦神社の中にあるかというと、猿田彦大神アメノウズメノミコト夫婦だからです。

猿田彦大神と結婚したことから、猿の女(さるめ)と呼ばれるようになったといわれています。

 

伊勢参りの前、みちひらきの神様である猿田彦神社にお参りすると、猿田彦大神が旅の安全を守ってくださるそうですよ。

 

倭姫宮

 

倭姫宮(やまとひめのみや)は内宮の別宮で、御祭神は倭姫命(やまとひめのみこと)です。

伊勢神宮の別宮としては新しく、大正12年(1923年)にご鎮座されました。

 

倭姫命は、第11代垂仁天皇の皇女で、伊勢神宮創建の最大の功労者ともいうべき人物です。

なぜなら、天照大御神に鎮座していただく土地を探し歩いたのは、こちらの倭姫命だったからです。

倭姫命がいなくては、”伊勢”神宮は現在の地に存在していなかったかもしれません。

 

また、倭姫命は初代の斎王(さいおう)となった人物でもあります。斎王とは、天照大御神にお仕えした未婚の皇族女性のことです。斎王は新天皇が即位すると同時に選ばれ、天皇が崩御したときにその役目を終えました。

 

天照大御神に仕え続けた倭姫命に思いを馳せて、このお宮を訪れてみるのはいかがでしょうか。

 

月読宮

月読宮(つきよみのみや)も内宮の別宮です。御祭神は月読尊(つきよみのみこと)です。月読尊は天照大御神の弟であり、月の満ち欠けを司る神とされていいます。

 

おもしろいことに、外宮の別宮として月夜見宮(つきよみのみや)という、読み方が一緒のお宮があります。月夜見宮も月読宮と同じ神様をお祀りしています

 

ですが、外宮の月夜見宮とは決定的に違うことがあります。内宮別宮の月読宮には、月読荒御魂宮・月読宮・伊佐奈岐宮・伊佐奈弥宮という4つのお宮が一直線に並んで建てられているということです。

 

4つのお宮を、適当な順番で参拝してはいけません。ちゃんと順番があるんです。
①月読宮

②月読荒御魂宮

③伊佐奈岐宮

④伊佐奈弥宮の順番
で参拝するのが、一般的です。

 

伊勢志摩スカイラインの足湯 

ここで少し、伊勢神宮から離れてみましょう。

伊勢志摩スカイラインで、伊勢・志摩の美しい景色を見に行くのはいかがでしょうか。

伊勢志摩スカイラインとは、伊勢と鳥羽を結ぶ有料道路です。

とにかく、絶景です!

 

展望台にはなんと、足湯があります。

雄大な自然を見ながらの足湯は、贅沢な気持ちになれます。

伊勢を訪れた際には、ぜひ一度行っていただきたいスポットです。

ただし、風がとても強いので、ご注意ください。

 

朝熊岳金剛證寺

 

ただ景色を見るためだけに、伊勢志摩スカイラインをおススメしたわけではありません。

山頂近くに、お伊勢参りに欠かせないお寺があるからです。

 

朝熊岳金剛證寺(あさまだけこんごうしょうじ)は伊勢神宮の鬼門を守る寺として、古くから多くの参詣者が訪れていました。

伊勢音頭の一節には「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」とも唄われています。

 

そんなことを知ってしまったら、行かずにはいられないですよね。

 

朝熊岳金剛證寺へは、車やタクシーで向かうのがおススメです。

土日祝日は、参宮バス(スカイラインルート)も出ていますので、チェックしてみてください。

http://www.sanco.co.jp/shuttle/post-23.php

 

二見興玉神社

二見興玉(ふたみおきたま)神社は、巨大な注連縄で結ばれた夫婦岩で有名です。

夫婦岩は、鳥居の役目を果たしているといわれています。

 

古くより、伊勢神宮へ参拝する前に、二見浦の海水で禊を行う慣わしがありました。

そのため、現在も二見興玉神社を参拝してから、伊勢神宮へ向かうという方も多くいます。

 

海をバックに建つ白い鳥居はたいへん美しく、最近では、縁結びのパワースポットとしても人気です。

伊勢神宮からは少し離れたところにありますが、それを忘れさせてくれる場所です。

 

2日目】

 

2日目、いよいよ外宮へと向かいましょう。

できるだけ朝早く行くことをおススメします。

なぜかというと、やはり神社は、朝が一番気持ちがいいからです!

人があまりいないので、願い事が叶いやすいともいいますよね。

 

特に伊勢神宮は朝に行くと、とても神聖な気持ちになれます。

普通の神社に朝行くのとは、全く比べ物にならないほど、清々しい気持ちになれるんです!

雄大な鎮守の森と、無駄なものを一切排除した社殿の作りが、そう思わせてくれるのかもしれません。

 

私が話した地元の方は、まだ誰もいない伊勢神宮に行き、大きな木に抱きつくことがあるんだそうです。

つい笑ってしまいましたが、実際にやってみると本当に癒されるんですよ。

 

月夜見宮

 

ではまずは、外宮にほど近い月夜見宮です。

先ほどご説明した通り、外宮の別宮で、月読尊をお祀りしています。

こちらは内宮の別宮・月読宮とは違い、一つの社殿です。

 

市街地にあるのですが、多くの木々に囲まれており、非常に静かです。

ここから外宮へ向かうには、「神路通り」を歩いていきます。

この神路通りは、夜になると月読尊が外宮へお参りになる、という民間伝承があります。

 

外宮

 

伊勢神宮は、大きく内宮と外宮とに分けられます。

お伊勢参りをする際は、まずは外宮からというのが、古くからの習わしです。

 

外宮の正式名称は豊受大神宮(とようけだいじんぐう)といい、御祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)です。

天照大御神のお食事係として、この地に招かれました。

 

ということで、外宮では毎日、神様にお食事を供える日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)が行われています。

豊受大御神はこの他にも、衣食住や産業を司る神として有名です。

 

また、外宮の勾玉池のほとりには、「せんぐう館」というミュージアムが建っています。

そちらでは、式年遷宮のお祭りや歴史について学ぶことができますよ。

 

内宮

内宮の正式名称は皇大神宮(こうたいじんぐう)といい、御祭神は天皇家の御祖神でもある天照大御神です。

また、御神体は三種の神器のひとつ、八咫鏡(やたのかがみ)です。

 

内宮といえば、宇治橋の鳥居が有名です。

宇治橋は五十鈴川という川に架かっているのですが、内宮では手水舎ではなく、その五十鈴川で清めるというのが特徴です

内宮の敷地内には、「四至神(みやのめぐりのかみ)」という神様が鎮座しています。といっても社殿はなく、気づかずに通り過ぎてしまうかもしれないほど地味です。

 

しかし、最近はこちらの神様が、スーパーパワースポットとして注目されています。

ぜひ、二礼二拍手一礼でお参りしましょう。

 

おはらい町・おかげ横丁

内宮への参拝が終わったら、宇治橋の手前からのびる「おはらい町」へと向かいましょうか。

五十鈴川沿いに、飲食店や土産物店が建ち並ぶおはらい町は、レトロな街並みで大人気のスポットです。

休日になると、人混みでごった返しているので、注意が必要です。

 

おはらい町を内宮から歩いていくと、左手に「おかげ横丁」があります。

おかげ横丁でも、昔の街並みや伊勢グルメを楽しめます。

なんと、こちらのおかげ横丁は、あの赤福の子会社が運営しているそうです。

 

関連ページ「伊勢神宮を訪れたら必ず寄りたいおかげ横丁
     「外宮の参道には穴場スポットがいっぱい!
     「光の道で有名に!宮地嶽神社!
     「デートにもぴったり伊勢神宮!
     「伊勢参拝の際立ち寄りたい厳選おしゃれカフェ
     「おすすめお土産一覧!伊勢神宮参拝の際はぜひ