道の駅むなかたの食事がおいしすぎる!宗像神社に行くなら寄るべきスポット

宗像大社のそばにある「道の駅むなかた」。自動車で行く方はもちろんのこと、公共の交通機関を使う予定の方もぜひ訪れてほしいスポットになっています。そこで今回は、道の駅むなかたとその周辺情報ついてご紹介していきます。

道の駅むなかた

国道495号沿にある「道の駅むなかた」は、宗像大社から車で5分ほど行ったところに位置しています。宗像でお土産を買うのなら、こちらの道の駅がおすすめです! 2018年4月には「おみやげ館」がオープンする予定ですので、楽しみですね。

道の駅むなかたは頻繁にテレビなどにも取り上げられているため、毎日多くの人が訪れます。今や、九州でも有数の売り上げを誇る道の駅だそうです。バスも運行(※1)していますので、車で現地を訪れる予定のない方にとってもアクセスしやすいといえるでしょう。

※1 西鉄バスの「むなかた号」でしたら本数は少ないですが、道の駅むなかたに停車します。

物産直売所で新鮮な魚介類をゲット

道の駅むなかたといえば、玄界灘で獲れた新鮮な魚介類を手ごろな値段でゲットすることができます。

 魚をさばいてくれるサービスも

種類も豊富で、普段スーパーなどでは見かけることのない珍しい魚も手に入りますよ! 一匹まるごと売られている魚もありますが、頼めば3枚におろしてくれるサービスもあるので安心ですね。

クーラーボックスを持って行くのがベストですが、用意できない方は宅配便を利用するのがおすすめです。また鮮魚のほか、地元で獲れた野菜や果物、さらにお惣菜も取り扱っていますよ。

なるべく朝早く向かって

ただし、こちらの道の駅には観光客だけでなく、地元の方々も多くいらっしゃいます。週末の混雑は覚悟の上ですが、特に鮮魚がお目当ての場合はできるだけ朝早く向かってください。夕方近くになると、鮮魚はほとんどなくなってしまいます。

また、時化(しけ)のときは魚介類の入荷量が少なくなります。公式HPで「本日の入荷状況」が発表されていますので、当日チェックしてから行くとよいでしょう。

レストランで海鮮丼を食べる

鮮魚などを買って帰れないという方におすすめなのが、道の駅内にあるレストラン「おふくろ食堂はまゆう」の海鮮丼です。

新鮮な海の幸がふんだんに使われたどんぶりが、高くても千円程度で食べられますよ(2018年3月現在)。他にもブランド牛の宗像牛を使った「宗像牛丼」、ごまだれで味付けした「玄海茶漬けセット」もおすすめです!

  • おふくろ食堂はまゆう

 

【営業時間】11:00~16:00(LO15:30)

モチモチ食感の米粉パンを買う

道の駅に入っている「米粉パン工房 姫の穂」は、地元JAの直営パン屋です。最大の特徴は、販売されているパンのすべてに米粉が使われているというところです。米粉の割合は80%、宗像・福津産のお米が使用されています。

モチモチとした食感が楽しめる米粉パンですが、食事系からデザート系まで豊富な種類が取り揃えられています。購入したパンはイートインスペースで食べることもできますよ。

  • 米粉パン工房姫の穂

【営業時間】9:00~17:00

大人気「ご当地ソフトクリーム」

軽食を取るなら「アンテナショップ 正助ふるさと村」もおすすめです。唐揚げやコロッケなど、お手軽ながら地元の食材を味わうことができます。コーヒーやジュースもありますので、休憩にピッタリです。

中でも一番の人気メニューは「ご当地ソフトクリーム」です。「むなかたミルク」「大島あまなつ」「正助ブルーベリー」「博多あまおう」、そしてそれぞれのミックス味など(※)が取り揃えられていますよ。

  • メニューは季節によって変更あり
  • アンテナショップ 正助ふるさと村

【営業時間】道の駅むなかたに準じる

  • 道の駅むなかた

【住所】福岡県宗像市江口1172番地

【電話番号】0940-62-2715

【アクセス】

車:九州自動車道・古賀ICもしくは若宮ICから30分

公共交通機関:JR東郷駅からバス(約12分)→「牟田尻」下車→徒歩約15分

特急むなかた号:JR東郷駅から乗車(約16分)→「道の駅むなかた」下車

【営業時間】9:00~17:00(10~5月)

※6~9月は8:30~17:00

※販売状況によっては早く閉まる場合あり

※各店舗の営業時間は上記を参照してください

【定休日】第4月曜日(祝日の場合は翌日)・8月15日~17日・12月31日~1月5日

沖ノ島も見えるかも!?さつき松原遊歩道を歩いてみる

道の駅むなかたの魅力は、物産や食事だけではありません。すぐ近くには全国白砂青松(はくしゃせいしょう)100選にも選ばれた、玄海国定公園「さつき松原」があります。

海岸に沿って長さ5.5kmにわたり、樹齢200年以上の黒松並木が続きます。運が良ければ、なんと世界遺産に登録された沖ノ島を見ることができるんだとか! そんなさつき松原を満喫するなら、「さつき松原遊歩道」を実際に歩いてみることをおすすめします。

コースは全部で5つ。最短ルートは0.5kmとなっていますので、気軽に楽しむことができます。遊歩道へは道の駅むなかたから入れますので、波の音を聞きながらぜひゆっくりと歩いてみてくださいね。

【所在地】福岡県宗像市江口

北斗の水くみ海浜公園

北斗七星が北極星と水平線の間を西から東へと移動するとき、まるでひしゃくが海の水を汲んでいるように見えるんです。この天体ショーを9月下旬から10月の下旬にかけて、観察できるスポットが「北斗の水くみ海浜公園」です。

それだけでも十分ロマンチックなのですが、こちらの公園は縁結びスポットとしても有名です。展望デッキにある北斗七星がモチーフの「幸せの鐘」を鳴らすと、幸せになれるといわれています。公園は道の駅むなかたの裏手にありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【所在地】福岡県宗像市神湊1278-1

【電話番号】0940-36-0037(宗像市役所商工観光課)