まるわかり!「縁結大祭」

まるわかり!「縁結大祭」

 

縁結大祭とは

毎年旧暦の10月に出雲大社で行われる神在祭は大変有名です。全国の神様がこの時期に出雲大社集まり、「幽(かく)れたる神事」を行います。これは神様にしかわからない神域の仕事のことです。この時期は神無月と呼ばれますが、出雲地方では神様が集まるために「神在月」と呼びます。一週間にわたって行われるこの神在祭のうち2日間開催されるのがこの縁結大祭です。縁結大祭では全国から集まった神様に日ごろの感謝と様々なご縁の御祈念をするための祝詞が奏上されます。
関連ページ「全国の神様を迎える神在祭

縁結大祭の申し込み

神在祭の中で行われる縁結大祭での参拝をご希望されるかたは事前の申し込みが必須となります。
例年9月下旬から10月に出雲大社ホームページより受け付けが始まります。例年一週間ほどで締め切られてしまうので注意が必要です。
関連ページ「出雲大社公式HP

まずは往復はがきに縁結大祭参加希望の旨と希望の日にち、ご希望される方のお名前と住所を書いて送ります(ご希望者一人につきはがき一枚です)。一週間から十日ほどで返信が来るとのことです。この返信はがきは当日必ず必要となりますいわゆる受験資格証のようなものなので大切に保管してください。往復はがきの書き方については書きませんが、お間違えの無いように注意しましょう。

定員は各日2000人で参加者の方は抽選ではなく応募順に決まっていくそうです。今まで応募された方で定員を超えて参加できなかった方はいらっしゃらないそうなので安心してください。ただやはり確実に参加を希望される方は早めに応募することをおすすめします。
返信はがきに記載もあるとは思いますが当日は幸縁祈念料として5000円が必要となります。

縁結大祭の内容

縁結大祭の歴史は意外にも浅く、2009年から始まりました。遷宮が行われていた2012年は仮拝殿の前で行われましたが、通常は本殿前八足門内で行われます。
当日はAM8時から受付が始まりますので、申し込みをしたはがきの返信と御祈念料を持ち受付テントに行きます。そこでは受付と幸縁むすび祈念絵馬にお願い事や御祈祷して頂きたい内容を記入します。それが終わるとAM10時から始まるご祈祷を待ちます。

当日は正装とまでは言いませんが失礼のないような服装を心がけましょう。またこの大祭が行われる時期は大変寒く、例年荒れた天候となっているため暖かい格好がいいかと思われます。屋外で行われるため靴は脱ぎません。ヒールが高くなければブーツでも大丈夫かと思います。
※荒れた天候は神様が上を通っているからだ、という謂れもあります。

また当日は大変な混雑が予想されますので早めに行動するようにしましょう。車で来られる方は近くの駐車場の多くが満車となっています。渋滞も予想されますので事前に確認したり遅れることも想定し、時間に余裕をもって行動しましょう。




関連ページ「全国の神様を迎える神在祭
     「正しく参拝し神様に思いを伝えましょう
     「【ドライバー必見!】出雲大社の駐車場情報」  

31 PV

Facebookに投稿する